プライバシーポリシー

1.保険金不正請求通報制度の目的

一般社団法人日本損害保険協会(以下「本協会」といいます。)は、わが国における損害保険事業の社会的信頼の維持および業務運営の公平性確保に資することを目的として、保険金不正請求通報制度を運営します。

2.保険金不正請求通報の意義

組織もしくは個人により行われた損害保険契約の保険金に関する不正請求行為(以下「保険金不正請求行為」といいます。)の事実またはその恐れが認められる事実について、これを認識した者が、保険金不正請求通報窓口に連絡することをいいます。

3.取得した情報の利用目的

本協会は、保険金不正請求通報制度において2.に定める保険金不正請求通報を受けて取得した下記6.記載の情報(以下「本件情報」といいます。)を、1.に定める目的の下、参加保険会社(別途掲載。以下同じとします。)との間で共同利用し、参加保険会社は、適正な保険金の支払いを行うために、本件情報を利用します。

4.本件情報の利用および提供の制限

本協会は、法令上認められる場合を除き、本件情報について、3.に定める利用目的以外の目的のための自己利用および第三者に対する提供を行いません。ただし、本協会は、取得した情報について個人を特定しない形で公表することがあります。

5.管理責任および安全確保の措置

本協会は、責任をもって本件情報を厳格に管理します。また、本協会および参加保険会社は、本件情報の漏えい、滅失またはき損の防止その他取得した情報の適切な管理のために必要な措置を講じます。

6.保険金不正請求通報制度により取得および共同利用する情報の項目

保険金不正請求通報制度により本協会が取得し、本協会と参加保険会社間で共同利用する情報は以下のとおりとします。 組織もしくは個人により行われた保険金不正請求行為の事実またはその恐れが認められる事実の内容として、事故に関する事項(事故日・事故場所・事故内容・傷病名・届出警察・運転者情報・車両情報)、保険に関する事項(保険会社名・担当拠点名・担当者名・対象保険種目)、行為者(個人に限らず、法人、団体等を含みます。)に関する事項(氏名・法人名・団体名・住所・連絡先・生年月日・設立年月日・職業・保険契約者との関係)、不正請求の内容(不正手口・不正請求金額)ならびに保険金不正請求行為の事実またはそのおそれが認められる事実を基礎づける情報および同各事実の内容を精査するために参考となる情報

7.情報提供者の個人情報の取扱い

本協会は、情報提供者の方が希望する場合のみ、情報提供者の方の個人情報を取得します。取得した情報は、参加保険会社に提供し、確認のため参加保険会社から情報提供者の方にご連絡させていただくことがあります。

8.保険金不正請求通報の方法

保険金不正請求通報は、本協会に対する電話、電子メールにより、本協会所定の方法で行ってください。なお、本協会は、受け付けた内容の調査結果・進捗等について通報者に対し連絡することはありません。

トップへ戻る